セラミド 化粧水

今話題のセラミドとは?

【セラミドとはどんな成分?】

最近、化粧品の成分としてセラミドという名前を聞くことが多くなりましたが、いったいどんな物質なのか知らないという方も多いのではないでしょうか?セラミドがどのような働きをしてくれるのか、ご紹介します。
今注目されているセラミドというのは、角質層にある細胞間脂質と呼ばれる部分の主成分のことです。
スフィンゴ脂質やセレブロシドとも言い、細胞と細胞をつないでいるセメントのような働きをしています。さらに、肌の水分や油分を保持する役割を持っています。
名前に脂質とつくことからもわかるように油なので、水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。コラーゲンやヒアルロン酸などと同じように、肌のうるおいを保つ働きがあるのです。肌にもともと存在している物質で、肌の奥で生成されています。


 

【肌を守る天然のバリア】

肌は天然のバリア機能を持っており、そのバリア機能を維持している物質こそがセラミドです。


水分と油分を保つことで乾燥、ほこり、紫外線などの外部の刺激や細菌などから肌を守っているのです。
セラミドのおかげで私たちの肌は刺激から守られ、うるおいのある美しい肌が保たれています。なので、乾燥肌に悩む女性の間で今注目の成分なのです。


 

【シミ・シワも予防】

さらにうれしいことに、セラミドにはメラニンの合成を抑える働きがあります。
そもそもメラニンは、大量の紫外線を浴びてしまった時、ダメージから細胞やDNAを守るために生成されるものです。肌にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりのサイクルがあるので、メラニンができてしまっても自然に排出されるはずです。
しかし、乾燥などの原因でターンオーバーが正常に行われていないと、メラニンが肌に定着してしまい、シミを引き起こすことになります。
セラミドは肌の保湿に大きな効果を発揮しますので、ターンオーバーを正常化してくれます。さらにメラニンの合成を抑制してくれるのですから、セラミドはシミ・シワ対策の強い味方となってくれるのです。