セラミド化粧水navi

保湿クリームの役割和確認してみましょう!蓋なんです、蓋!

普段のスキンケアで、保湿クリームを使用している方は多いですね。
ところで、保湿クリームの役割をご存知ですか?
保湿は、肌の中に必要な水分を閉じ込めるための蓋です。
肌の乾燥を防ぐ目的があります。

洗顔で汚れを落とし、化粧水で水分を潤し、乳液と保湿クリームで蓋をする。
これは肌ケアの基本ですね。
ですから、スキンケアはどれを抜けても効果はなく、とても高級な美容成分の保湿クリームだとしても、洗顔や化粧水をきちんとしていなければ、ムダになってしまうのです。

そして、最近の保湿クリームの成分では、ヒアルロン酸、コラーゲンやセラミドやプセランタなどのいかにも肌に良さそうな成分以外にも、お米やお酒から作られたものなど、豊富な肌に良い成分が入っています。

どれを使っても良いのですが、基本的に蓋の役目をする保湿クリームですから、その他の成分は、プラスアルファ的な存在です。
美白になりたい、乾燥性敏感肌だから、無添加が良いなど根肌に合うものを探してみてください。

肌に合うかどうかについては、保湿クリームを使って肌トラブルに合わない、カサカサ肌がなくなる、肌表面がしっとりとした感覚があればOKです。
あとは、自身の解決したいトラブルが治ればよりイイですね。

そして、この保湿クリームは、必ず年とともに見直してください。
要チェック保湿クリームのおすすめ
加齢とともに老化する肌状態は刻々と変化します。
保湿クリームの成分内容も変わってきますから、40歳、50歳と言う節目などに、より自分に合う保湿クリームを探してみることをおすすめします。