セラミド化粧水navi

セラミドが不足するとどうなる?

【セラミドが不足すると?】

私たちのお肌に大切な役割を担ってくれているセラミド。では、セラミドが不足するとどうなってしまうのでしょうか?肌のうるおいを保ってくれるセラミドが不足すると、当然のことながら肌は水分が蒸発して乾燥し、荒れた状態になってしまいます。

肌のバリアとしての機能も低下してしまい、外部からの刺激に敏感になります。水分の蒸発を防ぐことができず、カサカサの肌になってしまうのです。
透明感がなくなり、毛穴も目立ってしまいます。細胞と細胞をつなぐセメントが少ないということでもあるので、肌の表面の角質層がはがれやすく、いびつな形になり、荒れた肌になってしまうのです。
保湿剤などを使ってうるおいを与えようとしても、水分の蒸発を防ぐセラミドが不足していれば無意味になってしまうかもしれません。

【乾燥肌、アトピーなどの原因に】

乾燥肌やアトピーの人はもともとのセラミドの量が少なく、かわりに水分保持能力の低い脂質の量が多いという傾向があります。アトピー患者さんはアトピーのない部分でもセラミドが少ないのだそうです。
肌のバリアが弱いため、アレルギーの原因となる化学物質などが簡単に侵入しやすくなります。少しの刺激にも敏感になり、かゆみ、炎症などのアトピーの症状を引き起こす原因になります。

【セラミドが不足する原因】

なぜセラミドは不足してしまうのでしょうか?セラミド不足には様々な原因が考えられます。まず、最大の原因は加齢です。若いときはお肌にたくさんのセラミドが含まれてうるおいを保っているのですが、年齢とともにセラミドは減少していきます。
事実、老人性乾皮症などではセラミドが少なくなっていることが報告されています。
また、睡眠不足やストレス、疲労など、生活習慣の乱れも挙げられます。顔をゴシゴシと強く洗うなど、間違ったお手入れでも減少してしまいます。
さらに紫外線の量や空気の乾燥など、気候の変化も原因になります。”